セックスフレンドに関する情報を更新中


出会い系サイトからセックスフレンドを見つけるのとは違い、
合コンやナンパなどで見つけることはとても労力がいるでしょう。
初めから友達などの知り合いだったときには、
労力はかからなくても、後々の関係を考えると避けたいものです。
そう考えると、やはり出会い系サイトの利用がベターなのかもしれません。
もちろん、出会い系サイトだからといっても、
そう簡単にセックスフレンドが見つかるとも限りませんが。
最初から上手くいくことの方が珍しいのですから、
上手くいかなくても焦らないことが大切です。
上手くいかないときに、女性からメールが来ることがあると、
嬉しくて舞い上がってしまうかもしれませんが、
そういった時こそ落ち着かなくてはなりません。
間違ってもいきなり会いましょう等といった誘いをしないことです。
お互いによく知らない内からそんな行動をしていては、
相手の女性には誰でもいいのだと思われてしまいます。
お互いにメールをやり取りしながら、
距離を縮めて信頼関係を作らなければなりません。
求めている関係がセックスフレンドだからといって、
いきなり身体の相性を確かめるという風にはいかないものです。
セックスフレンドのような関係であっても、男女の関係なのですから、
女性から信頼されなければ始まりません。
頭の中がセックスのことで一杯だったとしても、
ここは我慢して平静に対応をとっていきたいものです。
ただ、いつまでも仲良くメールを繰り返してばかりでも仕方がありません。
いつかは会う話を切り出さないと、無駄に時間を使うことになります。
このタイミングを上手く見計らって、切り出すようにしましょう。
このタイミングに関しては、やはり経験を積むしか無いかもしれませんが。
何度か失敗をすることになっても、地道に頑張っていくことも大切なのです。

最近は、セフレなんて言葉が出始めていますよね。
正式な名称はセックスフレンドです。
言葉のとおり恋愛感情は挟まずに、セックスだけの関係ということです。
また、フレンドといいいますが、実際は友達ではない方がほとんどなのです。

友達との関係が発展し、セックスフレンドになったという方も中にはいるかもしれませんが、ほとんどは体の関係を求めて他人とセックスフレンドになっているようです。
セックスフレンド同士は体の関係だけを求めるものなので、ほかの感情を挟む必要がありません。

なので、セックスフレンド同士の付きあいは非常に上手くいくようで、かなり関係は長続きするようです。
なので、男性にとってセックスフレンドは非常に付き合いやすい関係といえます。
定期的に会い、セックスだけをするという関係は、気疲れもしないでしょうし友達同士の付き合いよりも非常に楽な関係なのではないでしょうか。

ただし、セックスフレンドという関係を成立させるには、難しい点も多くあります。
感情移入してしまうと気持ちが入りすぎてしまい、セックスだけの関係を続けることは難しくなってきてしまうでしょう。
この関係を続ける上で一番重要なポイントは、きちんと割り切るということです。
時間をセックスのために共有し、欲求を解消するというのは、ストレスを感じやすい現代では非常に大切なことでしょう。

女性にとってもセックスフレンドは必要な存在になってきているようなので、セックスフレンドとして出会える可能性もも高くなってきています。
実際、セックスフレンドと関係を続けている方が多いので、セックスフレンドを見つけようと思えばすぐに見つかるでしょう。

パートナーとセックスレスの関係が続いているという人にとってそれはなかなか人には相談出来ないしかし切実な悩みなのではないでしょうか?
子供がいてある程度の年齢であればもうセックスはしなくていいという選択肢もないではありませんが、やはりまだセックスはしたい、だけど相手に拒否される。
拒否も何度も続けば誘う事すら出来なくなってしまいますよね。
そんなセックスレスの解消方法を紹介したいと思います。
それは割り切ってセフレを作ればいいでしょう。
セフレとセックスをしてもセックスレスの解消にはならないと思うかもしれませんが、そんな事はありません。
パートナーとの関係はセックス以外で深めればいいわけです。
例えば恋人同士のようにデートをしたり、もっと2人の会話を楽しんだり、セックスをしなくても家庭が円満であればセックスレスである事に拘る必要はないでしょう。
そして欲求不満の処理はセフレとするわけです。
別にセフレを傷つけているわけではありませんし、お互いが納得の上でセックスをしているのですから何も問題はありません。
と言いたいところですがパートナーにセフレがいる事がバレてしまっては大事ですよね。
ですからセフレが発覚するような証拠は何も残してはいけません。
メールや移り香なんてもっての他。
もっと深刻な例では妊娠や性病の感染など言い訳が出来ない自体に陥る事です。
極力少ないリスクで最大限の利益を得る、そんなセフレを選びましょう。
セックスに関する悩みを持っていても、それを相談する事が出来ずに一人で悩んでいる人は多いかもしれません。
しかしセフレを作る過程でセックスに関する悩みを相手に相談する事が出来、上手くいけば、セックスに対する悩みをセフレが解消してくれるかもしれないのです。
一人では出来ないセックスだからこそ、一人で悩んでいては何も解決しません。
いきなりセフレではハードルが高すぎるかもしれないので、セックスに対する悩みを聞いてくれる相談相手を見つけるような気持ちで出会い系サイトを利用してみてはどうでしょうか?

恋人とセックスの相性が悪いと分かった時あなたならどうしますか?
努力次第でなんとかなるレベルだったらいいのです。
何度かセックスをするうちに身体やリズムが合ってきてセックスも気持ちよく感じるようになったのならば問題は解決です。
しかしセックスの相性というのもは努力でなんとかならないケースが大半です。
この場合大きく分けると3つの選択肢があるでしょう。
まず1つ目はセックスの相性が悪いから別れるというケースです。
好きな相手とセックスの相性が悪いぐらいで別れるのかと思われるかもしれませんが、セックスだって重要なファクターなわけです。
今はよくてもこれからずっとセックスレスの状態が続いてあなたは我慢出来ますか?
我慢させられているという事がストレスが溜まりませんか?
そしてあなただけでなく相手も同じような苦痛を伴っているのなら好きな相手を苦痛にさらし続ける事に抵抗はありませんか?
別れる事がお互いのためであるかもしれません。
2つ目はセックスが出来なくても相手と一緒にいたいという気持ちがお互いに強ければセックスレスのまま一緒にいるという選択肢を選べばいいでしょう。
そして3つ目は別れず、ただしセックスは他の相手とするというケースです。
これが一番欲しいものすべて手に入れる選択肢なのかもしれませんが、貞操観念のある人は出来ませんし、恋人に対して裏切る行為でもあります。
それにバレた時に全てを失うというリスクもあります。
どれを選ぶのかは自由ですが、後悔しない選択肢をして下さいね。

男性がセフレを作りたいと思う事はそう珍しい事ではないでしょう。
しかしまだまだ女性がセフレを作りたいと思う事に対する社会の偏見は大きいでしょう。
ですが現代社会で女性は何かと大変です。
男性と同じように社会に出て働くようになり、だけど男性社会の中で男性よりも能力があってもなかなか発揮できる場が与えられなかったり、女性である事から苦労を強いられたり、ストレスも溜まりますし、こんなに忙しいのなら恋人はいらないと思う女性がいても少しも不思議はありません。
それに最近は結婚しても妻にも働いて欲しいと共働きを望む男性が増えているとはいえ、それだってやはり理不尽なわけです。
同じように働いているのなら家事や育児だって半々でなければいけませんが、実際には違いますよね。
女性にばかり負担がかかる共働きの体制なのです。
当然女性は疲れて誰かに甘えたい、愚痴を聞いて欲しいと思っても仕方がありません。
それに男性だけが外で遊ぶのが許されて、女性は不倫をしないだろう・・・・なんて思うのは虫のいい話ではないでしょうか?
男性と女性とでは性欲の現れ方が違うとしても女性にだって性欲はあります。
いえ、むしろ女性の方がセックスで得る快楽は男性よりも大きいとさえ言われています。
そうなれば当然セックスが好きだ、セフレが欲しいと女性が思ってもいいですよね。
女性は女性らしく、男性は男性らしく、社会的に決められる性のことをジェンダーというのですが、
このジェンダーの中で女性は女性らしくとは昔の淑女的感覚を社会が根強く求めていて逆に男性らしくには多少の浮気も男性らしくていいじゃないか・・・・という認識なのです。
ただ時代とともにジェンダーは変化するものですから、これからの女性は女性らしくはもっと女性が生きやすい定義になっていくといいですよね。
女性だってセフレを欲しても全然いいのです。

当たり前の事ですが恋人はセックスだけしていればいいという関係ではありませんよね。
もしあなたがセックスがしたいだけで恋人を作っていたとしましょう。
そうすると付き合う上でいろいろ面倒だと思う場面が多いはずです。
例えば女性はメール好きな人が多いですから一日に数回のメールのやり取りが必要になってきますし、休みの日は疲れて家でゴロゴロしていたいと思っていてもデートをしなければいけません。
それもお買い物デートだった日には女性の買い物は長いですから、興味のないお店に連れまわされて「どっちが可愛い?
」なんて質問に答えながら延々と歩きまわり、そして荷物持ちをさせられるのです。
これは苦痛以外の何物でもありませんよね。
それでもデートの最後にセックスが出来るのならその努力も報われますが、ホテルに誘ったら「今日は生理だから・・・・」なんて断られたらかなりショックですよね。
かといって生理の日はセックスが出来ないからデートはしないなんて事を言える男性がいるでしょうか?
他にも誕生日やクリスマスやバレンタインなどイベント事に何かして、そして長く付き合えば今度は結婚という文字が目の前をちらつきどんどん逃げ場がなくなっていくのです。
セックスだけ出来ればそれでいい恋人なんて欲しくない、そう思う男性も少なくないのではないでしょうか?
そうゆう時は恋人を作るから面倒なのです。
もっと面倒なくセックスだけ出来るセフレという存在がいます。
セフレを作れば生理の時は会わなくても、毎日メールをしなくてもイベントに何もしなくても怒られる要因にはなりません。
お互いが都合のいい時だけ、セックスをしたい時だけセックスだけして別れられる関係なのです。

セックスは身体の相性が重要だと言われますが、その身体の相性はどうゆう人となら相性がよくてどうゆう人となら相性がよくないという事は残念ながら外見からは分かりません。
細身の人とは相性がよくて、ちょっとぽっちゃりした人とは相性がよくないという具合にどんな人と身体の相性がいいのか分かれば相手を探すのに苦労しませんよね。
好みのタイプがいくら明確であっても、身体の相性は好みのタイプとはかけ離れたタイプとよかったりするのです。
不思議ですよね。
外見では分からないからこそ、セフレの場合は実際にセックスをしてみて自分と肌が合うのか確認するまで身体の相性がいいのか悪いのか分からないのです。
これが味覚であれば自分が甘いものが好きで、キツイ香辛料系は苦手だと食べてみて分かれば次から料理をチョイスする時は気を付ける事が出来ますが、身体の相性はAさんとはよくてBさんとはよくなかったという過去のデータがあったとしてもじゃあ次の相手のCさんは?
というとやはり実際にセックスをしてみるまで分かりません。
やっかいだと思われるかもしれませんが、だからこそ身体の相性がよかった人と出会えた時の喜びは大きいですし、さらに言えば身体の相性のよかった人とは一度限りの関係ではもったいないわけです。
めったに出会えない相手かもしれませんから長期的な関係を築けるように努力するべきです。
セックスはネットにより気軽に出来る時代になったかもしれませんが、気持ちがいいセックスをするのはまだまだアナログで努力が必要なのです。
なにか科学が進化して身体の相性がいい相手を簡単に見つけ出せるツールが出現すればいいですね。

セックスに関する法律は日本でもいくつか存在します。
強姦罪や児童ポルノ法違法、援助交際・・・・などなどどれも言葉を見ればその内容は分かると思います。
ちなみに児童ポルノ法に違反する年齢は18歳未満です。
最近の女性は発育がいいので17歳や16歳でも大人っぽく見えてしまいます。
そのため知らずにセックスをして後からその年齢を知った場合、知らなかったんだから・・・・では残念ながらすみません。
年齢を知らずにセックスをしても年齢確認を怠ったという非があります。
もっとも年齢を聞いて相手が18歳と答えたから安心してセックスをしたら実は嘘をつかれていたという場合一見非があるのは女性側だと思われるかもしれませんが、相手は児童ですから非があるのは大人側という事になるので年齢よりも幼いなと感じたらリスクは犯さないようにした方がいいかもしれませんね。
また援助交際も一時期よりもその数は減ったようですが、ニュースで報道される数がごく一部であっても実際に行われているかずはその何十倍、何百倍、イエそれ以上かもしれません。
つまり性犯罪で捕まるのは氷山の一角にすぎないのです。
援助交際に関していえば金銭的なやり取りで双方納得すみの行為ですからそれほど犯罪性は高くはありませんが、
強姦罪であっても被害者である女性は強姦にあったことを誰にも知られたくない、裁判で何があったのか話したくないと思うのは当然の事です。
つまり訴えない女性がいて平然と性犯罪者が社会で歩き回っているという構図が成立するのです。
これは法律を変えて女性被害者を徹底的に守りながら性犯罪者だけ厳しく罰するという法律に変えてもらいたいものですよね。

満足できるセックスとはどんなセックスなのでしょうか?
例えば経験人数が3人という女性がいるとしましょう。
決して多い人数ではありませんが、20代前半と若いうちに結婚をしたのでしたらそれぐらいの人数でも珍しくありません。
そして誠実で真面目な男性が好みのタイプで、3人ともその手のタイプでしかも同世代だったため相手も経験人数が少なかったのでしょう。
どれもにたりよったりのレベルで
セックスとはそんなものだ、そう気持ちがいいものではないらしいと女性が認識していたとしましょう。
つまり女性は満足できるセックスをしらないまま結婚し出産し、そして出産を機に夫とはセックスレスになったというわけです。
別にセックスがしたいわけでもないし、子供の育児で忙しいに夫婦仲だって別にセックスレスだからと悪いわけではない、普通に会話もあるし、時々一緒に出かける事もある。
実はそんな女性の方が不倫をしセフレにハマる可能性があるのです。
なぜか?
というと気持ちがいいセックスを知らずに人生を送ってきたので何かきっかけがあり、セフレとのセックスが気持ちいいという事を知ってしまえばもう知らなかった頃に戻れる事はないのです。
セックスは禁断の果実に例えられる事がありますよね。
アダムとイブは食べたらいけないと言われている禁断の果実を食べてしまい楽園を追放されてしまいます。
してはいけないと禁じられている事が分かっていても理性を抑えられない事はあるのです。
満足出来るセックスをもっと早いうちから知っていれば結婚相手はもっと別の誰かを選んだかもしれませんし、もっと別の人生があなたを待っていたかもしれません。

セックスをする事で私たちは何かを得る事が出来るのでしょうか?
まず欲求不満を解消する事が出来、身体はすっきりするでしょう。
それから欲求不満が溜まればイライラしたりしますから、ストレスの発散もできますよね出来ますよね。
セックスはスポーツだという人もいるぐらいですから、汗をかき運動したのを同じ効果を得る事も出来るでしょう。
それから特に女性の方が顕著ですが女性ホルモンの活発によりセックスした翌日は肌の調子がよかったりしますよね。
それに好きな相手とセックスで愛の確認をすれば愛されているという充実感が生まれて生活に張が出るかもしれません。
恋人同士ではなくてもセックスでオーラを得る事が出来ると考える人もいるようです。
人それぞれ生まれながらにオーラを持っているそうです。
そしてセックスをする事で相手のオーラが自分に移るというわけです。
確かに似たのも夫婦という言葉もあるように夫婦は一緒に過ごす時間が長くなると自然と似てきますよね。
それは別に外見が似てくるのではなく雰囲気が似てくるわけですが、オーラが似てくるのかもしれません。
セックスをして綺麗になるのは精神的な充実や女性ホルモンによる影響も多いと思いますが実はこのオーラも多少関係しているのかもしれませんね。
セックスで得られるものは実は快楽だけではなく、実にたくさんのものをセックスという行為から私たちは得ているのです。
もしずっとセックスレスの状態が続けば、その得られるチャンスを失っているわけですから実にもったいない話だと思いませんか?
セックスは老後の楽しみに・・・・には出来ません。
今がこれからの人生のうちで一番若いんですから何かをやり始めるとしたら後でではなく、今すぐに始めてみるといいでしょう。
セックスの相手がいないのであれば、ネットを利用してみるといいでしょう。
出会いがないと嘆く前に出会うための努力をするべきです。

ページ上部に